在宅医療・介護連携講演会を開催します(終了しました)
2019.09.18

今年は介護新聞でお馴染みの札幌里塚病院内科科長 松永隆裕先生をお招きして
急性期医師が、なぜ医療介護連携!?~膵胆道がん診療を通した気づきと実践から~』

をテーマに講演会を開催します。

松永先生は、手稲渓仁会病院や札幌厚生病院など急性期医療機関での豊富ながん診療の経験をお持ちで、

院内での診療にとどまらず地域関係者と連携し、訪問診療にも積極的に取り組んでおられます。

また、札幌市清田区で松永先生とともに在宅療養支援や地域活動を実践しているケアマネジャーの

髙野圭子さん(社会福祉法人ノマド福祉会居宅介護支援事業所はる清田)からも活動報告をいただきます。
今年は、講演と交流の二本立てとなっています。より良い連携をめざして何ができるか一緒に考えませんか?

 

◆日時  9月17日(火)18:15~20:30
◆会場  恵庭市民会館 中ホール
◆定員  150名(定員になり次第申込み終了とさせていただきます)

◆対象  医療・介護関係者すべて

◆参加料 無料

◆申込み 連携センターりんく(FAX0123-37-5066)まで

     (締め切り 9月9日)

※詳細はこちらからチラシ申込書をご確認ください